2006年01月09日

飛行機に乗り遅れる〜〜〜っっっ!

まずはこの事からお話しなければなりません。
その時 私の頭の中を巡った様々な思考を、ここに白状いたします。

前振りから始めて、さんざん旅行のこと記事にしていたのに、
飛行機に乗り遅れて、行かれませんでした〜!
なんてシャレにならん(大汗)
(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||) どうしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・。(〜_〜;)

行ったフリしてごまかすか? イヤ、無理。
イスタンブールなら前に行った時の写真があるけど、ヨルダンは無いし。
行ったっぷりの説明だって出来やしないぞ。

つーか、職場3日も休んで(代休をまとめて取った)
乗れなかった場合、出勤するのか?!
「行ってきま〜す!」なんてみんなに言ってきたのに?
次の日出勤?! 「乗り遅れました。」って?!
恥ずかし過ぎ〜〜〜〜〜〜っっ!

どんな言い訳して行けなかった事にすればいいんだ?

イヤ、嘘つくとあとが面倒くさい。 いろいろ面倒くさい。
そーゆー面倒な事はキライだ。きょどってしまうし・・・

う〜〜〜〜〜ん。どうしよう。まじヤバイよ。
ドルT/C、また使えず? いやいや、そんなことはどーでもいい。

そうだっっΣ(゚▽゚*)!!ひらめいた♪
飛行機がたくさん飛んでそうなタイにでも行っとくか!!
タイならすぐに出国できなくても、1週間あれば楽しめるぞ!
そうだ、そうしよう〜 o(^ ^;)o (←苦肉の策)

あ・・・・・。 でもタイって暑いんだよね。
この重装備、いくらなんでも暑過ぎ。セーター要らなさ過ぎ。
荷物減らせるじゃんか。タイ行くのにこんな重い荷物、持って行きたくないなぁ。
でも仕方ないか、どこにも行けないよりマシだし・・・
・・・タイ・・・うんo(^ ^)o いいアイディアだ♪(←ほんとか?)

はあぁぁ・・・
あんなにブログでも「ヨルダン行きま〜す\(⌒o⌒)!」なんて言いふらして、
乗れなかったなんて恥ずかしいよなぁ。
乗れなかったら、いつみんなに公表しよう・・・
とりあえず、タイに着くまで音信不通でいようかなぁ。
無事タイに着けたら
「ははは〜、乗り遅れたのでタイに来ちゃいました!」
な〜んて、ネタにできるかなぁ。笑われそうだなぁ。
みんなビックリするだろうなぁ。なんておバカなヤツだと思われるだろうなぁ。


そんな思考が、頭の中をグルグルぐるぐる巡っていた えじぷ〜♪でした。

本当に行けて良かった。(T◇T)

なんで乗り遅れそうになったかって、それは 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 02:55| Comment(8) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

タバコに ゆる〜い国

近年、先進国の風潮は「禁煙ブーム」 値段が500円くらいする国もある。

前回の旅で訪れたペルーでは、お金がないから吸う人が少ないと聞いた。
チリは豊かな国なのか、道路には吸い殻がたくさん落ちていた。

今回はヨルダンとイスタンブールの『タバコ事情』について・・・
タバコに ゆる〜い国1.jpg
↑ヨルダンのオリジナルたばこ↑
(横面のアラビックは「健康を害する恐れがある」とでも書いてあるのだろうか?)
一言で言うと、とにかく“ゆるい”のだ。
私の旅した国だけ見てみると、途上国に近付くほど、ゆるくなくなる。



続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 02:00| Comment(2) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

日本人というビザ、パスポート(1)

イスタンブールでのストップオーバーを楽しんだ後、いよいよヨルダンに飛んだ。
到着は真夜中の1時半。空港で朝を待つ・・・

ヨルダンのビザは日本でも取れるが、空港で簡単に取れるとの事だった。
ビザ取得のカンウンターには列ができている。重い荷物を持って並びたくない。
入国審査カウンター手前のベンチに座って待っていた。

並んでる人が少なくなったので、パスポートだけ持って並びに行った。
私のパスポート残存期間は、10ヶ月くらいしかない。
本当にもらえるのかな。
大使館の人はダイジョブって言ってたけど・・・

私の番だ!
係の人はパスポートを見たあと、私をチラ見して言った。 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 08:09| Comment(4) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

日本人というパスポート(2)

ヨルダンには快適なハイウェイがある。
日本のように有料ではないし(てか、有料な国の方が稀?)
信号もない。(ハイウェイだから当たり前?)

例えば、日本橋を出発して多摩川を超えたら、
名古屋まで信号がない!と言った感じ。

ステキすぎる・・・

2日間で1,200キロの距離を移動したオバカな私。
ハイウェイに何度もお世話になった。

途中には CHECK POINT なるモノがいくつかあって、
迷彩服を着た軍人だか警察だかが検問している箇所がある。 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 23:37| Comment(2) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

携帯事情@ヨルダン・イスタン(1)

メールやウェブに加えて、カメラ、音楽、ゲーム・・・
いろんな(余計な?)機能おてんこ盛りな日本の携帯電話。
我が国の携帯事情は、世界的に見て日本が進んでいるのかと思っていた。

_| ̄|○ ごめんなさい、 おごりたかぶった考えでした・・・

携帯事情@ヨルダン・イスタン(1)1.jpg
↑写真はイスタンブールの携帯屋さん。 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 01:47| Comment(2) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

携帯事情@ヨルダン・イスタン(2)

【携帯事情@ヨルダン・イスタン(1)】

どの会社の作ったモノが多いかというと、どこを見ても誰を見ても
NOKIA!NOKIA!!NOKIA!!!NOKIA!!!!

携帯事情@ヨルダン・イスタン(2)1.jpg

NOKIA率95%って感じ?!すごいっす。

ヨルダンでもイスタンブールでも、とにかく
NOKIA!
NOKIA!!

NOKIA!!!
NOKIA!!!! でした。 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 00:48| Comment(2) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

Go to AQABA!(1)車窓

Go to AQABA!(1)1.jpg

ヨルダンには線路があるけれど、人を運ぶ列車が走っていない。
・・・ってのは言い過ぎだけど、主に貨物用の線路らしい。
首都のアンマンから北上して、シリアのダマスカスへは週2便あるらしい。

長距離移動は国営のジェットバスを利用する。
一般のバスより高いらしいが、十分安い。
例えて言うなら、東京←→名古屋 5JD(約855円)
アンマンから最南のアカバまでは約400Kmあるのに、860円♪
しかも4時間で着いちゃうのよ〜♪

Go to AQABA!(1)2.gif『アラビアのロレンス』の砂漠、
ワディ・ラムでキャンプするため、
アカバへ向かう・・・

まぁ正直、行く前は
この映画なんか知らなくて、
ガイドブックの写真だけで
行きたいと思っただけなのだが。
(いつだってイメージ先行♪)

 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 22:01| Comment(2) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

Go to AQABA!(2)バス故障・・・

この日、アンマンは朝から雨が降っていた。
ヨルダンの冬は雨期、と言っても同時期の関東と同じくらいの降水量。
その上、日本(私の生息エリア)と同じか、もっと寒いくらいだった。

出発は朝9:00。

待っている間、ジェットバス・オフィスの近くに出ていた屋台で、
サンドウィッチとシャイを買った。
ヨルダン2日目、まだ どの硬貨がいくらなのか把握していない。
小銭を手のひらに乗せ、必要な分を屋台の兄ちゃんに取ってもらう始末。
Go to AQABA!(2)1.jpg

よく分からないけど、安かった♪

地元の人がよく利用するような店で、ボラれることってあんまりない。
シャイにはたっぷりの砂糖と(基本)、たっぷりのミントを入れてくれた。

う・・・うま〜い♪o(^ ^)o ミント入り紅茶!

これはハマった!

何て言うミントなのかは分からないけれど、わりと大きめの葉だった。
これを紅茶の中にテキトーにぶち込むのです。
日本のスーパーで売ってるようなミントでも大丈夫です。
試してみて下さい。
ポイントは、たっぷりの砂糖&ミントです。ケチってはいけません。


さて、長い前置き話は終わりにして、中置き話(笑)を続けましょう。 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 22:59| Comment(8) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

Go back to AMMAN!(1)パスポートが無い?

(現地投稿の記事とダブりますが、お許しを・・・)

アカバに着く少し手前の CHECK POINT で荷物検査のため、バスから降ろされた。
同時進行でパスポートの提示も求められた。

パスポートが入っている腹巻き式のお大事袋・・・っと・・・・・

あれ?ハラに巻かれてないぞ??あれれ〜〜〜???
ヒップバッグの中かな・・・(ゴソゴソ) ないなぁ。
でかいリュックを開けてみても、心当たりの場所にない。
そう言えば今朝、パッキングの時にお大事袋をいじった記憶もない・・・(汗)
無意識にリュックの奥の方に入れたのかな・・・ 

ゴソゴソ荷物をさぐっている間にチェックは終わり、
私は荷物もパスポートもチェックされずにバスの中へもどった。

それはいいとして、パスポートがまだ見当たらない・・・
ヒップバックの鍵付きポッケに入ってるのか??
鍵の番号を合わせた。7・1・4(仮)・・・っと!

(;´・`)?? はて?  鍵、開かねーーーーぞ・・・

どうやら鍵を閉めた時にどうにかなって、設定した番号がずれてしまったらしい。
踏んだり蹴ったりだよ_| ̄|○・・・
000から順番に調べるしかなかった。
(2/18現在、703まで調べました。)
パスポートが本当に無いかもしれないという不安を紛らわせる為に(?)
アカバに着くまでずっと下を向いて鍵と格闘していた。
(ちょっと気持ち悪くなった。)

予定より2時間遅れて、3時アカバに到着。
冷たい雨が降っていたアンマンと違い、マフラーやセーターでは暑いくらいだった。
(緯度を日本に置き換えると、アンマン=宮崎(九州)、アカバ=種子島と奄美大島の中間地点。)
アカバはリゾート地。紅海をダイビングする為のショップもある。
暖かいのだ♪ 厳冬からいきなり春を迎えた感じです。

それはいいとして、
とりあえずマクドナルドに入って遅い昼食を食べつつ、
私の荷物の確認をすることにした。
Go back to AMMAN!(1).jpg
テーブルに着き、ハンバーガーを食べながら
50リットルのリュックの中身を全部出す・・・  続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 08:14| Comment(5) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

Go back to AMMAN!(2)心細い夜と親切な人々

アンマンへのとんぼ返りバスは、窓側ではなかった。
夜だから、まぁいっか・・・景色が見られなくても。
隣は若いねえちゃん、周りは全員彼女のグループだった。
通路を挟んで反対側の友だちと、私の目の前でお菓子のやりとり。

(−_−#)すげーウザイ・・・

落ち着きないし、うるさいし、私の座席の方に進出して来るし、景色は見られないし、
もう寝るしかない。

夜の10時過ぎ、アンマンに到着した。
暖かくてやわらかい空気のアカバから、冬のアンマンへ逆戻り。
しかも雨。

とんだクリスマス・イブだぜ。

荷物を受け取り、さて!と思ったら声をかけられた。
「タクシー?」

ヨルダンのタクシーは基本的にメーター制。
何も知らない旅行者には高い金額で交渉制にしようとする。

え「メーター?」
タ「ノー。」
え「じゃあいい。」 無視して歩き始める。

もう一人からも声をかけられたが、宿まで2JD(342円)だと言うので断った。
宿からバス乗り場まで1JD以下だってこと、知ってるんだからね。
何も知らない旅行者と間違えるなよ、
なめんじゃねーぞ〜!ふっふ〜ん♪
とあしらい(心の中で)、冷たい小雨が降る中 夜の町を歩き始めた。
続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 00:09| Comment(7) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

Go back to AMMAN!(3)BIG ムシムシケラ?!

小雨が降る中、今朝出たホテルに無事戻って来た。
階段を上がり、ドアを開ける。やはり宿泊客は少ない。
オーナーの部屋を覗くと、ストーブのまわりに数人の客が居た。

え「はろ〜?」
オーナー「OH、ジャパニーズ!」

そう言って私のお大事袋を持って来てくれた。
中身を確認・・・

パスポート、日本の免許証、クレジットカード、帰りの飛行機チケット、
ドルのトラベラーズチェック(数百ドル分)、ドルの現金・・・
・・・


全て無傷、ちゃんと私の手元に戻って来た!!

奇跡に近い出来事なのではないだろうか・・・! 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 10:41| Comment(2) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

Go to AQABA again!女の子はオトク♪

無事手元にもどった【お大事袋】をしっかりと腹に巻き、再びアカバへ向かう。

Go to AQABA again!1.jpg昨晩書き終えた「年賀状fromヨルダン」を持ち、
朝一で郵便局へ。
バスは9時出発。
ありがたいことに郵便局は8時から開いている。
局員のおじさん(兄ちゃんかも)相手に
「けなげな女の子一人旅」を演じる。

(どこが「子」や〜っ!!)

料金を払い終えると局員は私に尋ねた。

〒『どっから来た?』
え『ヤバン♪』(=日本)
〒「Welcome to JORDAN!」

ここぞとばかりに愛想を振りまくえじぷ〜(結構なお年頃)。
 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 07:53| Comment(4) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

ワディ・ラム(1)砂漠キャンプへ!

Go to AQABA!(1)2.gif郵便局でアブラを売った(?)あと、
再びアカバへ向かった。

400kmを行ったり来たり、
何やってんだアタシ・・・

昨日と同じ9時出発のバスに乗り、
ピロリンさんが待っているアカバには午後1時に着いた。

そして1時半、手配してもらっていた砂漠ツアーに出発!
砂漠まで乗せてもらった旅行会社の車には、私とピロリンさんの2人だけだった。

車は韓国車。メーターは壊れている。(←よくある事だが)
ワディ・ラム へとハイウェイをぶっ飛ばす。
カーブは最短距離を結んで走る。
片側2車線、そんなラインはおかまいなしに。
(それは国営のジェットバスも同じでした。)

わざわざワディ・ラムに行かなくても、砂漠地帯。
草木など申し訳程度にしか生えておらず、むき出しの大地、岩山が延々と続く。

砂漠ツアーは1人40ドル、内容は・・・
 ●四駆車で砂漠をまわる
 ●ベドウィンの夕食
 ●ベドウィン(遊牧民)のテントで寝る
 ●ベドウィンの朝食
これプラス、私が楽しみにしていたのは『満天の星空』だった。
ワディ・ラム(1)1.jpg
キャンプ地に到着、
最初に元気よく迎えてくれたのは
犬のお母さん!
それから子犬&犬のお父さん の、
仲良し犬一家でした〜♪続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 02:12| Comment(3) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

ワディ・ラム(2)ロマンティック・ナイト?

“アラビアのロレンス”の舞台となった砂漠にて、なんちゃってキャンプ。

本当は、今日の午後に四駆で砂漠巡りをするはずだった。
他の客とブッキングしていたのか、連絡ミスなのか、(ヨルダンだからなのか、)
とにかく私たちは砂漠をまわる事ができなかった。

しばらくすると、白人のグループが2組戻ってきて、総勢20人くらいになった。
皆さん「英語で楽しそうに」会話していらっしゃいますが、
そんな中に入れるワケがない私たち・・・

ベドウィンの人たちが車でどこかに行った。
暗くなる前に、薪を集めに行ってきたのだ。

ワディ・ラム(2)1.jpg

この薪は、暖をとる為のもの。
砂漠=熱い→大間違い。(夏は本当に熱いらしいが)
この日は風もわりと強いし、夜は気温がぐっと下がって非常に寒いのだ。
たき火を囲んで国際交流が繰り広げられる。
私たちを除いて・・・(汗)

何だかさっぱり分からないけれど、みんな楽しそうに会話していた。
私は火に当たりたい為だけにそこに居た。
ピロリンさんはどこかへ行ってしまった。
(テントの隙間を埋めてくれていました。)

6時頃だろうか。食事が運ばれて来た。辺りはとっくに真っ暗だった。
続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 08:11| Comment(5) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

ワディ・ラム(3)またもや車が・・・

ワディ・ラム(3)1.jpgろまんちっく・ないと が明けた翌日。
6時出発だと聞いていたので
「じゃあゴハンは5時半か?」と早起きをする。
しーーーーーーーーーーーん・・・
用意されている気配は全くない。
キャンプサイトの裏山(岩)に登って
朝の時間を楽しんだ。

ワディ・ラム(3)2.jpg雲間からの光が砂漠の岩山を順に照らし、
赤く、美しい景色が広がる。
風は穏やかで、そっと耳を通り過ぎてゆく。
景色の中に動くものは何もなく、
赤い砂と岩山に朝日が当たり、
影と色が時間と共に変化してゆく。

出発予定を30分過ぎた6:30に朝食を食べた。
寒いのに白のガラベーヤ1枚のおっちゃんと、TOYOTAの四駆に乗って いざ出発!!

狭いシートに3人ぎゅうぎゅう詰めに乗り込んで、
タイヤを滑らせながら砂地を走るTOYOTA 。  続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 21:48| Comment(3) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

ワディ・ラム(4)Photo of Happy 1 hour

帰国してそろそろ5ヶ月、約2ヶ月ぶりの【ヨルダン旅行記】です。
前回のお話、もう忘れちゃってますよね。。。砂漠で車が故障した話です。
さあ、気持ちを・心を、はるか中東の地ヨルダンへ飛ばしましょう〜!


砂漠巡りを始めたとたん、車のタイヤがパンクした。
“10minutes!”と読んで、意味は “1hour ” の待ち時間。
ここはヨルダン。
“ Happy 1hour!”を楽しもう。

ワディ・ラム(4)1.jpg

ここはキャンプサイトはすぐ近く。
犬の家族と遊んだり、シャイ(紅茶)を入れてもらったり、
砂の写真を撮ってみたり・・・・ 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 01:08| Comment(5) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

ワディ・ラム(5)「月の谷」を意味する言葉

TOYOTAの四駆車に乗って、砂漠の中の道?を走ってゆく。
少し脇にそれると、押し固められていないサラサラの砂地。
四駆なのに何故か物凄い助走をして凸を登ったり、何度か登れずにやり直したり。
挙げ句の果てにスタック!!
車を押す事を当たり前のように要求された。
“なんでお金を払って車を押してるんだ?” という素朴なギモンが頭をよぎるが、
面白いから いっか♪

まず初めに連れて行かれた所は、昔の人が描いた壁画のあるポイント。
その部分だけ、落書きのように描いてある。

ワディ・ラム(5)1.jpgヒトコブラクダに人間がのって手綱を引いている。
長〜いヤリを持っているから、狩りをしているのかな。
それにしてもホントに“落書き感”たっぷりです。
なに、その左端に居る『棒人間』!!もうちょっとちゃんと描こうよ〜(笑)
続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 02:18| Comment(3) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ワディ・ラム(6)二駆で砂漠観光

どうも、ご無沙汰です。1ヶ月半ぶりの旅行記です。
旅行“記”と言っても、今回はあまり文章はありません。
何しろ、面白いハプニングがなかったもんですから〜


四駆車だと思っていたのに様子がおかしい。
ワディ・ラム(6)1.jpg
ちょっぴり車に詳しいピロリンさんが車の下を覗いて見た。
私には ようワカランが、シャフトだか何だかが外れていて四駆になってない、と。
元々は四駆だったけど、今は二駆。さすがヨルダン。

観光ポイントらしい「ロレンスの家」と「石の橋」に行きました。
途中、子ラクダを見ました。白くてカワイかった〜♪ 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 00:47| Comment(2) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

ワディラムからペトラへ

ワディラム砂漠ツアーは、当然スタート地点のアカバで終了かと思っていた。

  甘かった・・・・・

訳の分からない場所で「ここで終わり。」と言われた。

 は? ここからどうやって帰れと?

バスが来るとはとても思えない場所だった。 続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 00:05| Comment(2) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

ペトラ(1)ペトラ遺跡へ

とりあえず こんな場所に行ってきました♪

どどーーーん!


ペトラ(1)1.jpg

※ペトラの簡単な説明は コチラ コチラ
※遺跡全般について詳しく知りたい方は ココ。(勝手にリンク、ごめんなさい)

ワディラム砂漠観光を終え、ペトラ遺跡のある町ワディ・ムーサに着いた翌日。
サンドウィッチ屋(?)で朝ゴハンを食べて、
同じ店で昼ゴハン用にサンドウィッチを買って・・・

いざ、ペトラ遺跡へ!!  続きを読む
posted by えじぷしゃん♪ at 00:13| Comment(6) | ・ヨルダン旅行記('05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。