2011年06月16日

摩天楼とヤギとアンティーク@イエメン

'09【5/8(1)】サユーン(シバーム“砂漠の摩天楼”)→サナア

朝、乗り合いタクシーでシバームへ。
小さな村々を通り、少々遠回りしてる感が・・・
地元ィ(ジモティと読んでね)な乗り合いタクシーだから仕方ないけど。。

摩天楼とヤギとアンティーク@イエメン-1.jpgシバームの城壁の入り口で下ろしてもらう。
ウザいガイドは、話に聞いてた通り今日は金曜なので居なかった。ほっ
まずは対岸の山へ登る。
麓にも小さな集落があって、村人に聞きながら展望台へと向かった。  
 
展望台より更に登る。
岩山の間の道なき道だけど、人が歩いた所の石は角が取れているので分かる。

  あ"つ"い"・・・・・。

人が居ないのでスカーフを取る。ズボンもまくり上げる。
こんな格好とても人前では出来ない、見せられない。(イエメンでは)

グランドキャニオン成れの果てのような、テーブルマウンテンの中腹に出た。
どうやらここまでのようだ。

摩天楼とヤギとアンティーク@イエメン-1.jpg

断崖絶壁、なかなかの眺め♪
飛行機からも見えたけど、
広大な涸れ川の中に、その一角だけ物凄い密度で高層建築が立ち並んでいる。  
7〜8階くらいありそう。
上部だけ漆喰の白で、あとはサンドベージュ。
建物自体はサナアの方が可愛いなぁ。。>>>これ。

シバーム砂漠の摩天楼@-2.jpg

物凄い暑いが湿度が低く、風が吹いて気持ちよい。
日本なら熱中症確実の炎天下だが、ブルキナの暑さに比べたら大した事ない。
まだ午前中だし、おそらくほんの40℃くらいだろう。

山を下り、シバームの城壁の中へ。迷路のようだった。
ゴミが散らかっている。
ヤギがやたら居る、そしてわずかな日陰にたたずんでいる。

摩天楼とヤギとアンティーク@イエメン-3.jpg
(↑基本砂地なので、お手入れしてあげないと爪(蹄?)が大変な事になってしまうようだ。)

人は少ない。
店らしき店が開いていない。
中に入って見学できるハズの家?も見つからない。(おそらくクローズしてる)

金曜(イスラムの休日)だからか?

アンティーク屋がかわいかった。持って帰りたいくらいだ。

摩天楼とヤギとアンティーク@イエメン-4.jpg

食べ物屋も飲み物やも見つからず、もう飽きたから帰ろう・・・
としたのだが、また人気がなくなった。(にんき じゃないよ ひとけ だよ)

金曜だからか田舎だからか、車もあんまり走ってないし。
世界遺産のクセに、他の外国人観光客も居ないし!
帰ろうにも帰れない!!!

仕方ないので城壁の入り口(かつての検問所)で待つ。
何をいつまで待てば良いのかワカランが、とうてい歩いて帰れるような距離じゃないし、
ヒッチハイクしようにも、車が走っていない!
こんな炎天下、当てのないヒッチハイクを期待して歩くのは無謀だし。
とにかく、待つ・・・

どんどん暑くなっていく。
持ってきた水が無くなりかけている・・・ やばい。
水売ってそうな店なんか見当たらないし、あっても閉まってるしっっ!!!

やばい、シエスタ、まじ勘弁。

すると、タクシーの運ちゃんが『サユーンまで1,000リアルで行くぞ』と声をかけてきた。

乗り合いタクシー200リアルで来た道を、
1,000で帰るかアンポンタン!
 とは言わなかったが。

『500リアルにしてよぅ。500じゃないと乗らな〜い

と、この危機的状況の中、値切り交渉。
500で粘っていたら、運ちゃんは城壁の中へと消えて行ってしまった・・・(汗)

が、少ししたら戻って来て『500リアルでいいぞ。』と言ってくれた!
やった〜\(*^▽^*)/

今考えると、きっと運ちゃんもサユーンに行かなきゃならなかったんだろうね。
例え安くても、空で走るより少しでもお金をもらえる人を乗せて帰った方がイイ、
そして、他に乗ってくれそうな人も居なかった、
だから500でOKしてくれたんだねー。利害関係の一致ってやつですよ。たぶん。


もう、喉がカラカラだった。(つづく)
posted by えじぷしゃん♪ at 15:30| Comment(4) | ・その3日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
何か紙で造ったミニチュアの建物のように見えますよね。
風が吹いたり雨が降ったりすると壊れてしまうのではないかと心配しますよ。
そうか、雨は降らないのか…。
世界って広いですよね。面白い。
Posted by ダルマンニャー at 2011年06月19日 19:27
街の周りに緑があるってことは、地下には水があるんでしょうね。いや、それにしても暑さが伝わってきますよ。
Posted by kome at 2011年06月19日 20:50
ひゃ〜
凄いです!
初めてみる景色で、記事もとっても
面白いです!
なんだか私まで旅行した気分になれましたw
気温が40度もあるのに、そんなに
暑さを感じなかったんですね〜。
エジブーさん、イエメンの人と交渉とか
できて凄いです!
(*¨)
Posted by こんにちは at 2011年06月20日 12:40
***ダルマンニャーさん
こんばんは☆
>何か紙で造ったミニチュアの建物のように見えますよね。
そうなんですよ、ほんとミニチュアみたいで不思議な感じがするんです。
イエメンは3000m級の山々があったり、砂漠地帯があったり、
場所によって高温多湿だったり、夏には50℃近くなる所もあったり、
すごく変化に富んだ地形と気候があるようです。
今は何だか情勢不安定だけれど、
旅人の評判はすこぶる良かったし、私もいい国だなって思いました。


***komeさん
こんばんは☆
山に登って見たら良く分かったのですが、
雨季(があるのか知らないけれど)には川ができそうな地形でした。
広〜い川底にできた町という感じです。
でも町があるってことは、並々と水で満たされることはないってことですね。
暑かったですよ〜。
湿度が無いから日本より不快感はないのですが、
逆に水分摂らないとヤバイ感じがしましたよ(汗)


***こんにちはさん
初めまして♪(??)コメントありがとうございます^^
あの気温で日本の湿度だったら、とっくにバテてたと思います^^;
暑いは暑いんですけれど、体感としては30℃くらいだったかなぁ。。
こんにちはさんは旅行好きな方ですか??
どんな国が面白かったですか〜?
Posted by えじぷ〜♪ at 2011年06月24日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。