2007年10月18日

おうち昭和化計画:暖

どこかの国の建物みたいなストーブ♪

1階の腐海、もとい、ロシアの車が2台
その他バイク・工具類が眠るガレージより発掘♪

PERFECTION
 というメーカーの石油ストーブ。

高さ62センチ、上部の直径22センチ。
(もう少し大きい方が、ヤカン乗せても安心なんだけどな。。)
 

ピロリンが調べたところ、一部マニアが居るらしい。
おうち昭和化計画:暖1.jpgご丁寧に耐震装置付き。
ピストルの弾のような物が置いてあって、
揺れて落ちると消える仕組みらしい。
(芯の右下部分の金色のモノ)

おうち昭和化計画:暖2.jpg灯油の残を示すための浮きはコルクだった。
(右下)

ピカピカに磨いて、芯を調整して、点火!!
じんわり暖まっていきます。
(でも閉め切らないので暖まりにくい(-.-;)
温かい空気は上に行くので、
食器棚の上に扇風機を置いて空気を掻き回す・・・
が!
閉め切らないのでビミョーにスースーする。
(アホ?)

でも何だか嬉しい。可愛いストーブじゃ♪
posted by えじぷしゃん♪ at 11:34| Comment(5) | TrackBack(0) | ◆ナノeco/家事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PERFECTION …?
またすごいものが発掘されましたね。
ここまでレトロな丸型ストーブは見たことありません。お義母さんってもしかしてすごいレア物好きなんじゃ?

>扇風機を置いて空気を掻き回す…閉め切らないのでビミョーにスースーする。(アホ?)
せっかくの扇風機利用が知恵に感じないあたりがアホっすね( ̄□ ̄;)
Posted by yama at 2007年10月18日 18:00
***yamaさん
>お義母さんってもしかしてすごいレア物好きなんじゃ?
いやいやいや、当時はレアでも何でもないですからっっ
単に昔買った物がそのまま残っているだけ、だと。。
新しいストーブやヒーターを買っても捨てなかっただけです。
それが今となっては♪

冬の扇風機は、元えじぷ〜家からの知恵です。
おとんが柱に『扇風機乗せ台』を作っていて、夏より冬の方が稼働していました。
寒いから閉め切りたいんですけどねぇ、
隙間だらけの家に育ったので、気密性の良い部屋にいると
酸素が少なくなって息苦しい感じ(あくまでも感じ)になって
イヤなんですよ〜(笑)
冬でも窓開けて寝ますから!(5センチくらい)
Posted by えじぷしゃん♪ at 2007年10月18日 18:12
たしかに石油ストーブの息苦しさはわかる(苦笑)
臭さもつらいしね…

我が家の場合、締め切って暑いくらい暖めて一瞬窓全開換気。そしてストーブを外に出して、消す。
この部屋が暖まった状態を維持するべくホットカーペットでしのぐ。
このパターンです(^ ^;Δ
だって灯油代高いんだもんよぉ(T▽T)
Posted by yama at 2007年10月18日 21:22
ナルホド。
灯油のあったかパワーと値段の高さに折り合いをつけた方法ですナ。
最近は灯油が高いから、エアコン(電気代)とどっちが安上がりなんだ?
って考えちゃいますよね。
でも、エアコンの乾燥具合がダメでねぇ・・・
やっぱヤカンでしょ♪
ホットカーペット大好きなんですけど、
どーも人の居ない場所まで暖かいのがムダ遣いしてる気がして・・・
半分だけONにしても、自分が座ってる着地面って少しじゃないですか。
(どんだけビンボー症?!)
家族が多かったらいいのかなぁ〜。
Posted by えじぷしゃん♪ at 2007年10月19日 00:34
なんかムーミンがでてきそうやね〜〜〜

こんなの見た事ないっす〜〜〜!!
Posted by シネマ大好き娘 at 2007年10月19日 06:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。